Ideal Cleaning

カテゴリ一覧

HOME>特集>スズメバチの巣と他の蜂の巣とどう見分けるのか?駆除の時に役立つ

スズメバチの巣と他の蜂の巣とどう見分けるのか?駆除の時に役立つ

はち

駆除をするときは蜂の種類を把握すること

夏から秋にかけて、スズメバチの巣が見つかり、専門業者に駆除の依頼をする方が増えます。スズメバチは刺される事で命の危険があるため、素人はスズメバチの巣を発見した時点で、近づかないようにする事が必要です。スズメバチにはいろんな種類があり、蜂の種類をきちんと知っていることで、その危険性をきちんと知り、家族や近所の方に注意を呼びかける事ができます。屋根裏などにキイロスズメバチが巣を作るケースもありますし、庭の木の中にオオスズメバチが巣を作る事もあります。ハチの種類や巣を作っている場所によって、駆除をする時に使う物や木を切る道具を用意するなど、駆除の進め方が変わってきます。ハチの種類が分かる場合、専門業者に情報をきちんと伝えて、準備を進めてもらう事も大事です。

ハチの巣

スムーズに駆除を終えるために必要な調査

ハチが家の周りをたくさん飛んでいる場合、近くに巣が見つかる可能性があり、早めの対策が必要になります。大きなスズメバチの巣ができている場合、中に数百匹のスズメバチが潜んでいる可能性があり、危険です。蜂の巣が見つからない場合でも、専門の業者に相談をする事で、駆除をスムーズに進めるために調査を進めてくれます。ハチの動きをプロがチェックする事で、どこに巣ができているかを予測する事ができ、事前に打ち合わせをしてから、安全対策を取り、駆除を進めてもらえます。戻り蜂の危険もあるため、多くのハチが巣に帰ってくる時間帯に、まとめて駆除を進めてもらうと安心ですし、女王蜂をきちんと駆除して、繁殖を防ぐ事も重要です。